« 【TIPA】0149 | トップページ | 【TIPA】0150 »

2014年7月 5日 (土)

フラッシュカード作成

今年度になってLaTeXでフラッシュカードを作成するようになりました。…と言っても、一般の大きなタイプではなく、名刺サイズです。単語カードとして授業で使っています。

Flashcard

「flashcard10_vista02_1.pdf」をダウンロード

最初に「簡単 電通大の名刺作成キット for LaTeX」のnamecard.texを参考にさせていただきました。 誠にありがとうございます。
http://www.w3-4f5f.ee.uec.ac.jp/nameCard/

-------------------------------------

\documentclass[12pt]{jarticle}
\usepackage[T1]{tipa}

\setlength{\textwidth}{182truemm}
\setlength{\hoffset}{-7mm}
\setlength{\voffset}{7mm}
\setlength{\headheight}{0in}
\setlength{\headsep}{0in}
\setlength{\oddsidemargin}{14truemm}
\setlength{\textheight}{275truemm}
\setlength{\topmargin}{16truemm}
\advance\oddsidemargin -1in
\advance\topmargin -1in
\setlength{\footskip}{0in}

\begin{document}

\pagestyle{empty}
\Huge\bf\setlength{\baselineskip}{54pt}

\def\enga{anything}
\def\ipaa{\'en\textsci\texttheta\`\textsci\ng}
\def\japa{何か}
\def\hina{代名詞}

\def\engb{about ~}
\def\ipab{\textschwa b\'a\textupsilon t}
\def\japb{~について}
\def\hinb{前置詞}

\def\engc{what}
\def\ipac{\textsl{h}w\'\textturnv t}
\def\japc{何?}
\def\hinc{代名詞}

\def\engd{part}
\def\ipad{p\'\textscripta\textrhookschwa t}
\def\japd{部分、地方}
\def\hind{名詞}

\def\enge{where}
\def\ipae{\textsl{h}w\'e\textrhookschwa}
\def\jape{どこ?}
\def\hine{副詞}

\def\engf{on ~}
\def\ipaf{\textscripta n}
\def\japf{~に面して}
\def\hinf{前置詞}

\def\engg{Persian}
\def\ipag{p\'\textrhookschwa\textlengthmark\textyogh\textsl{\textschwa}n}
\def\japg{ペルシアの}
\def\hing{形容詞}

\def\engh{gulf}
\def\ipah{g\'\textturnv lf}
\def\japh{湾}
\def\hinh{名詞}

\def\engi{hot}
\def\ipai{h\'\textscripta t}
\def\japi{暑い}
\def\hini{形容詞}

\def\engj{there}
\def\ipaj{\dh\'e\textrhookschwa}
\def\japj{そこでは}
\def\hinj{副詞}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\enga}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\engf}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipaa]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipaf]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\engb}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\engg}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipab]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipag]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\engc}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\engh}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipac]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipah]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\engd}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\engi}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipad]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipai]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\enge}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\engj}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipae]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\ipaj]}

\newpage

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\japf}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\japa}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\hinf]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\hina]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\japg}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\japb}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\hing]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\hinb]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\japh}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\japc}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\hinh]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\hinc]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\japi}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\japd}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\hini]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\hind]}

\vspace{1.7cm}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{\japj}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{\jape}

\noindent\hspace{2mm}
\makebox[91mm][c]{[\hinj]}\hspace{-1.5mm}
\makebox[91mm][c]{[\hine]}

\end{document}

« 【TIPA】0149 | トップページ | 【TIPA】0150 »

TIPA」カテゴリの記事

フラッシュカード」カテゴリの記事

コメント

一般のマルチカード用紙にコピー機でコピーする時に、「30部連続コピー…」などとすると、自動的に高速モードになってしまうことがあるようです。その場合、トナーが用紙にちゃんと定着しなくて、擦ると消えてしまうことがあります。コピー機の機種にも因ることだと思われますが、用紙を無駄にしないためにも、少ない枚数に分けてコピーすることをお勧めします。

partの発音記号を修正しました。

一般のマルチカード用紙を使用して印刷します。
気をつけないといけないのは、pdfの印刷設定の「サイズオプション」において「実際のサイズ」を選択しなくてはいけないことです。
当たり前と言えば当たり前のことなんですが、印刷した時にマルチカード用紙に合わずに、最初の数枚を無駄にしてしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【TIPA】0149 | トップページ | 【TIPA】0150 »