« 【TIPA】0174 | トップページ | 【TIPA】0175 »

2014年12月23日 (火)

単語の発音記号を見つけ出す方法

授業のハンドアウトやフラッシュカードを作る場合、既に入力された単語の発音記号を活用しない手はありません。

入力されたデータの中から希望の単語を見つけ出す方法は以下のとおりです。

1.ココログ最強検索

このブログの右側に設置させていただいている「ココログ最強検索」はボックスに希望の単語を入力して「検索」ボタンをクリックするだけで、このブログに登録してある単語を探し出すことができます。とても便利で利用させていただいています。作者のなおゆきさま、ありがとうございます。

2.タグジャンプ

私は普段からエディタの「秀丸」を使用しています。その機能の中に「grep検索」と「タブジャンプ」というのがあります。それらを合わせて用いることで、パソコンに保存されたデータから希望の単語を見つけ出すことができます。作業の大雑把な流れは以下のようになります。

(1) 希望の単語の先頭にカーソルを合わせる。

※この作業は必ずしも必要はありません。この作業を省力した場合は(3)の作業の時に表示されたダイアログボックスの「検索する文字列(S)」に希望する単語を入力してください。

001

(2) メニュー「検索(S)」→「grepの実行(G)」をクリックする。

002

(3) 表示されたダイアログボックスを確認して、「OK」をクリックする。

※発音記号のデータが入っているフォルダを「検索するフォルダ(D)」に指定します。この「検索するフォルダ」には作業中のファイルのフォルダが自動的に入力されます。データを作業フォルダのサブフォルダに入れて、「サブフォルダも検索(U)」にチェックを入れておくと便利です。

003_2

(4) 新たに「秀丸」が起動して、検索の結果が表示されます。カーソルを希望の単語の行に合わせます。

004

(5) メニュー「その他(O)」→「タグジャンプ(T)」をクリックする。

005

(6) 新たに「秀丸」が起動して、希望の単語とその次の行に発音記号が表示されます。

006

(7) 発音記号の部分をコピー&ペーストして、作業ファイルに貼り付けます。(4)と(6)で起動した「秀丸」は閉じます。

007

« 【TIPA】0174 | トップページ | 【TIPA】0175 »

TIPA」カテゴリの記事

タグジャンプ」カテゴリの記事

フラッシュカード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【TIPA】0174 | トップページ | 【TIPA】0175 »